Amsterdam

オランダの首都、アムステルダムはヨーロッパの玄関口でもある。
どこへ行くにもアクセスが良いので,連日バックパッカーで大賑わい。
お馴染みの運河が張り巡らされ,花市場があちこちにあり
市内には37ものミュージアムが観光客を待っている!


ハイネケンエクスピアリアンスの入場券

 

アクセス

スキポール空港から地下鉄でアムステルダム中央駅まで15〜20分。
ホテルが駅付近,または余裕のある人におススメ。
お金に余裕のある人はタクシーで約20分ほど。
また,主要ホテルをシャトルバスが運行しており
往復チケット(15.50ユーロ)が空港カウンターで購入できる。
(帰りの便は購入時に予約しておいた方が無難)

VVV
(オランダの観光案内所)

中央駅構内 Centraal Station
中央駅広場 Station Plein 10
ライツェ広場 Leidse Plein 1
どこも非常に親切に対応してくれるが,地図はほとんど有料。
ここはオランダ・・・(イギリスじゃタダだぞ)。

アムステルダムの歩き方

アムステルダム中央駅を軸に逆扇形に広がるのがアムスの街。
ここでは通り名より運河の名前を覚えよう!
迷った時に道の名前はあまり役に立たない。
中央駅〜ダム広場〜シンゲルの花市〜美術館広場
辺りまでは何とか歩ける範囲(かなりしんどいが)。
そしてここまでが観光スポット。

 

アムステルダム中央駅Centraal Station)

ヨーロッパ各国への国際列車も発着する
インターナショナルな駅。
東京駅のモデルとなった重厚感のある駅である。

駅前広場には観光案内所と水上ボート乗り場,
そしてトラムとバスの発着場がある。
アムスの旅はここから始まる。

 

アンネ・フランク記念館Anne Frank House)

Prinsengracgt 263
トラム13/14/17 Westermarkt下車

9月〜3月:9:00〜19:00
4月〜8月:9:00〜21:00
入館料:7.50ユーロ

←は西教会(Westerkirk)前のアンネの銅像。
(西教会は、1966年現女王が結婚式を挙げた教会。
レンブラントもここに眠っている)
常に込み合うとどのガイドブックにも書いてあるが、狙い目は
17時以降。並ばずに入れる。日本語のオーディオガイドもある。
家具はとっぱらってるので意外と広さを感じるが実際にここから
一歩も外に出ずに2年も暮らしてたら発狂しそう。
実は「アンネの日記」は未読のまま。帰国して即読みました。

 

王宮 (Koninklijk Paleis)

王宮といってもここは迎賓館として使われてるらしい。

ここはダム広場。アムステルダムのヘソ。
王宮の左手には
マダム・タッソーアムス支店。
右手には
新教会(Nieuwekirk)((1980年に現女王が
即位式を、2002年に皇太子が結婚式を挙げた教会)。
真正面には
戦没者慰霊碑がある。
←は朝に撮影したのでまばらだが,昼過ぎには屋台が
出たり、観光客がたむろったり,結構騒がしい。
駅前からここまで歩いて10分ほど。
ダム通り沿いには美味しいものやお土産屋がたくさん。

 

レンブラントの家 (Museum Het Rembrandthuis)

Jodenbreestraat 4-6
トラム9/14 Waterlooplein下車

月〜土:10:00〜17:00
日 ・ 祝:13:00〜17:00
入館料:7ユーロ

レンブラントのが1639年から破産するまで20年間暮らした家。
内部は再現されたものだが、17世紀の建物がそのまま残っている。
レンブラントと言うととにかく大作のイメージがあるが
実はエッチング画家としても名高い。
ここではそのエッチングの展示に力を入れている。
また学芸員が実際に当時のエッチングを再現してくれる。
(勿論オランダ語で説明した後英語で)
1階は生活空間、2階がアトリエ。

 

レンブラント広場 (Rembrandt Plein)

トラム Rembrandtplein下車

レンブラント像のある広場。
このあたりは飲食店街。

 

国立博物館 (Rijks Museum)

Jan Juijkenstraat 1
トラム2/5 Hobbemastraat下車
 6/7/10 Spoegelgrachts下車

9:00〜18:00
入館料:9ユーロ(日本語オーディオガイド4ユーロ)

レンブラントの「夜景」、フェルメールの「牛乳を注ぐ女」等
オランダの至宝が治められている博物館+美術館。
アスペスト対策のため2008年まで工事中。
だが別館で人気作品だけ展示してくれているのでご安心を。
写真はBoerenwetering運河を上がったHobbemakkadeという
大通り側からのもの。入り口はまだまだ遠い・・・。
ミュージアムグッズはゴッホ美術館のとまとめてミュージアム
広場内に売り場というかショップが設置されている。

 

ヴァン・ゴッホ美術館 (Van Goch Museum)

Paulus Potterstraat 7
トラム 2/5 Paulus Potterstraat下車
    16 Museumplein下車

10:00〜18:00(金曜日:〜22:00)
入館料:13.50ユーロ

ゴッホの絵はそんなに好きではないのだが
せっかくオランダに来たのだから行ってみよか〜と
軽い気持ちで行ったら、行列のできる美術館だった。
でも見応え十分。すごい迫力。

 

コンセルトヘボー (Concertgebouw)

Concertgebouplein 2-6
トラム 2 Van Baerlstraat下車
3/5/12/16 Museum Plein下車

ミュージアム広場を挟んで国立博物館と
対峙する形に位置する。
オランダが世界に誇るコンセルトヘボー管弦楽団の
ホームグラウンド(って言い方でいいのか?)。
ちなみにミュージアム広場はアムスで一番優雅で
落ち着ける広場だと思う。今回はかなわなかったが
この近くに宿を取ってコンサートに行きたい。

 

ハイネケン・エクスピアリアンス (Heineken Experience)

Stadhouderskade 78
トラム
16/24/25 Heinekenplein下車

火曜〜日曜:10:00〜18:00
入館料:10ユーロ

アイルランドでギネス工場,スコットランドでウィスキー博物館へ
行ったわたしとしては、アムスでここは欠かせない!(笑)
体感型ミュージアムといったところか?くだらないんだけど,ハマる。
蒸留過程を観たかと思えばパブリシティについての展示だったり
アムス中を馬車で周るアトラクションがあったり、出来立てビールに
なったつもりで振動を感じたり。
ハイネケンビールは3杯飲める上にグラスのお土産付き。

ミュージアム広場より更に遠いのでここへはバスかトラムが無難。
もしくは美術館に来たついでに少し歩くくらいじゃないと。

 

De Winkel van Nijntje

Beethovenstraat 71
トラム5/24 Stadionwegで下車して真向かい

月曜日:13:00〜18:00
火〜金:10:00〜18:00
土曜日:10:00〜13:00

ナインチェことミッフィーグッズの専門店。
さすがにここは徒歩圏外。ほとんど郊外である。
どれも日本で売ってそうなので、手頃なぬいぐるみを購入。
ところで
月曜朝10時過ぎに行ったら閉店中。ガイドブックの
情報とは大幅に違うではないか!午後にまた来よう
(1日乗車券を持ってたので)と引き返そうとしたら、
この店の隣のおにーさんが「待て待て、中に入りたいんだろ」と
引きとめ、店のシャッターをガンガンたたくではないか。
店のおじさんと話を付けてくれて、何とわたし1人のために
店を開けてくれたのだ。オランダ人の親切ここに極まれり。

Ads by TOK2