『ソラ情報』

検索窓



NO 6527   

エントツ(〇十sun)さんの タカシ掲示板への投稿NO4 


タカシ記

エントツ(〇十sun)さんの投稿NO3の続きです


Re: エントツ(〇十sun)さんへTaeko Shirakiさんからです。

2014年 9月27日(土)20時44分52秒

pa8ec7b.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp

投稿者: 〇十sun

通報 / 返信?引用 編集済


エントツ(〇十sun)さんへTaeko Shirakiさんからです。 (Taeko Shirakiさんの投稿内容は黄色い枠内のものです) (エントツ(〇十sun)さんの投稿は紫色になっています)


*神示には天皇制とは一言も書いていませんので、逆になぜ完全に 天皇制を信じるようにという言葉だと判断されたのでしょうか。

なぜ、わざわざテンシ様などという、あがめる存在を創りあげるのでしょう?

敗戦の国民を一致団結させるために、天皇を神としてあがめさせ、気力で乗り越えさせるためにこれを出させ、より服従させてきたとソラから伝えられています。

暗号の解釈も離島で決してわからないように、当時の政府の都合の良いように勝手な解釈をさせて、天皇制をさらに強力にさせたと言葉になっていました。

原文からどうしてそのような解釈をしたか、決して意味はわかりません。

丸の中にチョンというのは、地球の中の原子たちの存在に気づいてと言う意味だそうですが、宇宙の法則はシンプルと言いますが、その方がピッタリきます。

*ドラえもんの絵描き歌風に特殊文字をあらわしてみると、丸を掃除しないとチョンという御玉がなかなか入らないと神示に書いてあります。

ちなみにチョンは歓喜のことです。

*仮にあがめる存在のテンシ様だとします。

そして、神示で固有名詞かもしれないテンシ様を調べてみます。

神示から引用すると 、


【天地の先祖、元の神の天詞(てんし)様が王の王と現はれなさるぞ、

王の王はタマで御現はれなされるのざぞ。

十二月十九日、ひつ九のかミ。

*日本だけではなく世界中の臣民はてんし様に捧げる内容から、てんし様とは天皇制やらとは全く関係ないようです。

外国によって無力化された外国戒律の天皇制を引き合いに出す二重箱をつついてもまったく無意味です。

てんし様には戒律はありません。


*物、自分のものと思ふは天の賊だそうです。

今の現状は世界の産物を作ったてんしの存在に気づいていないかそれを無視している我の賊の時代ということでしょう。

天賊は海賊と同義かとおもわれます。


*テンシの意味には【田】という形も導かれることから石や岩も連想されます。

そこからイシカミも含まれていると思われます。

石や岩だけの原子ではないのです。

宇宙から降りてきて山になった存在が、いかにして地球上の全ての無機物、有機物になっていったか?ソラからはわかりやすく説明されています。

けれども現在の科学は「全て自然にできた」と言うことで、決して原子に意識が あることを認めないので、地球の原子たちが怒って(天候などあらゆる ことに)激変が起きているのです。

*石や岩だけではなく、原石の地球のコアやマントルや海水、大気オゾン層、宇宙空間のちりすべてを表現するために【てんし】という言葉が使われていると思われます。

その【てんし】は歓喜でできていますので、イシカミの説明する怒り、原子の怒り、悲しみはすべて歓喜で包まれています。

原子の怒りの自然災害とイシカミのいうように人間の怒りもまた自然災害を起していると神示で説明されています。

【てんし】の歓喜を人間が受け入れれば災害、病気、苦労はすべて楽にすごせるという歓喜に繋がることを説明しています。

神界では善悪はなく、霊界では思い通りの世界で暮らせて、現界のみ思い通りにいかないだけです。

これらのベースが【てんし】の歓喜です。

よって、現界も歓喜でなければそれこそ不自然という現象になります。

そして、常に弥栄するため、支配構造の保守勢力は淘汰されるようにもなっているようです。


*原子に感謝することは大切で、一方、怠け者で威張りたい思いの悪者の原子の集団=エネルギー体が結集する・・・・原子に感謝しても悪の原子集団を生んでしまう原因はなんでしょうか。

原子も人間と同じです。

いろいろ体験をしてみたいと思う原子がいて、人間の ために一生懸命働いてくれる原子も勿論たくさんいます。

けれども人間と同じでしんどい仕事をするより、楽をして面白おかしく過ごした いと思う原子が多いのはわかるでしょう。

*原子が口を開けてしゃべる様子を科学的に記録できないから科学界から無視されているのではないでしょうか。

そして、ただしゃべるだけではなく原子の行動まで人間と同じだと書いてあります。

ようするに、原子とは人間そのものだということではないでしょうか。

人間の生活が基本だと思います。

人間の日々の生活記録をノートにして公開することが最も客観的で原子の動きに重なると思います。

自分自身の行動記録の公開が重要です。

他人の行動を批判する前の当たり前な公開です。

それができなければ信用に値しません。

つまり、原子をわかるには人間の普段の行動を見ることと同一だということです。


タカシの 投稿

日月神示の絶対前提は『王の王』

エントツ(〇十sun)さん へ


天地の先祖、元の神の天詞(てんし)様が王の王と現はれなさるぞ、 王の王はタマで御現はれなされるのざぞ。

日月神示は上の文を前提としてそれが 絶対であると いう風に論調を展開していきます。

前提が正しいと証明する方法はあるのでしょうか?

前提を絶対化してしまっては話がかみ合いません。


王の王はタマで御現はれなされるのざぞ

タマとは何?

タマを見ることが出来る?

タマを触れる?


過去に日本も絶対前提を国民に教え込みました。

その絶対前提とは「神国日本」です。

日本は神国だからどこの国を攻めても良い、とか 神国が戦えば必勝であるとか言って、国民はそれを信じさせられました。

もっとも絶対前提があると話が単純なので、 何かを信じる時に、楽であり、心地よく響きます。

宗教は大抵この絶対前提を利用します。

一番楽なのは神であり、英語ではgod です。

そしてgod の一番の親玉をGod として そのGod は宇宙で一番えらい。

そこでGodを信奉する自分たちは絶対正しいと の理論を振りかざします。

God とは日月神示で言うと『王の王』という説明になります。

するとGod とか『王の王』に刃向かうものは 最低の輩であり動物以下であり、殲滅すべき対象であるという論理が正当化 されることになります。

その結果世界中で宗教戦争が起こり、テロと空爆のオンパレード となります。

ただ日月神示のスゴイところは、『王の王』という絶対前提を繰り返し繰り返し 述べて、「これでもかぁ、これでもかぁ」という風に文章で暗示をかけていきます。

こういう手法は、宗教でも採用されていますが、日月神示は、それが特に際だっています。

よほど人間の心理をよく知っている存在が作ったと思われます。

本を出版する時には、著者の言いたいことを、何度も繰り返して載せておくと名著と言われるそうです。

何度も繰り返されると著者の言いたいことが読者の記憶にしっかりインプットされるからでしょう。


己の心を見よ、戦が済んでいないであろ、それで戦が済むと思うてゐるとは、あきれたものぞ、早く掃除せぬと間に合わん、何より掃除が第一。

掃除とは、「神示をしっかり読むこと」と日月神示は言います。

読むと、『王の王』とか天詞(てんし)様 の暗示のキーワードがしっかりインプットされます。

そこで『王の王』とか天詞(てんし)様の操り人形となってしまうのですが そういう操り人形を作るのが掃除の意味なのでしょう。

しかし心が掃除された、つまり暗示を十分かけられた方に、こんなことを言うと 「怒られる」かもです!

だいたいわたし自身が、3年間もこんなくだらない神示を 読み続けていたので・・・


エントツ(〇十sun)さんの返事


日月神示が言う『てん詞様』とか 『王の王』を讃えれば全てが善くなるという前提が 正しいと証明する方法はあるのでしょうか?

前提を絶対化してしまっては話がかみ合いません。

*証明する方法があるとしたら、宇宙人にコンタクトとって 決められた上空にマザーシップを浮かべる約束をして実現させる 方法もあると思います。

ほかにはベテルギウスの超新星爆発の映像を入手するとか 考えられます。




Ads by TOK2